読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

N. Design

webデザイナーやってます。お茶請け程度にどうぞ→@nnndmemo (Twitter)

ディズニーランドのランチショーからの私なりのUX/UI論とかを考えてみた

f:id:nnnde:20160924230938p:plain

 

きっかけは、社内でLTをするということをしているのですが、

何を話しようと思った時にUXをネタに少し話をしたので、それについて話を紹介します。

あくまで自論ですので、それは違うのではというご意見お待ちしてます。

 

行ってきたのはこちらのランチショーです。

www.tokyodisneyresort.jp

 

内容としては、このランチショーはディズニーランド内にある、ランチとキャラクターショーが楽しめるものです。要予約制。予約は難しく1ヶ月前に予約可能ですが、予約取るもの難しく、すぐ埋まります。

実は今年で2回目のランチショーに行ってきました。

基本的にあまりキャラクターショーとか興味なかったのですが、なぜ2回目を決めたのかをUX/UIの話に結びつけたら面白いと思いました。

 

 

そもそもUX/UIって?

▼よくあるネットショップの流れの例

 

 

f:id:nnnde:20160705151720p:plain

 

本を買いたい→本を買う→届くという ネットショプを使って本を得た体験

→UX:(User Experience:ユーザエクスペリエンス)ユーザー体験

f:id:nnnde:20160705151721p:plain

 

本を買う際に使った「サイト」「スマートフォン」などUXの中の一部がUI

→UI:(User interface: ユーザーインターフェース

f:id:nnnde:20160705151723p:plain

 

 

ディズニーランドにあるランチショー

今年「リロのルアウ&ファン」というランチショーに行ってきました。今回2回目です。

・予約は1ヶ月前可能だが、数分間で完売し、予約が非常に困難で面倒

・ランチに1人、約4000円前後と決して安くない

・前回と同じ内容の事をするというのは知っている

・私自身特別、ディズニーのキャラが大好き!とかではない

という状態もあるのに、なのになぜ、今回2回目行ったのか?

 

 

ランチショーのUX/UIの仮定づけ

ランチショーを通じてどんな体験をしてほしいか→(UX)

ユーザーに美味しいランチを食べてもうらのと、キャラクターとの楽しい時間を過ごして欲しい と仮定づけます
(※あくまで仮定です)

 

 

仮定のUXの達成のためのUI

UXを達成するためにディズニー側が仕掛けたサービスをUIとします

・席に「ウェルカムドリンク」が置いてある

・ソフトドリンクを飲み放題(適度なタイミングでお代わりするか聞いてくれる) 

・ランチを食べている時に、キャラクターがテーブルまで遊びに来てくれる

・普段より近い距離でショーがみれる

・席にキャラクターからのプレゼント

・子供が参加できる参加型のショー

太文字にポイント当てます

 

 

UI(サービス)から体験を通じた私の感情

・席に「ウェルカムドリンク」に置いてある

 →歓迎されてる感じで嬉しい

 

・ソフトドリンクを飲み放題(適度なタイミングでお代わりするか聞いてくれる)

 →飲み物、ランド内で買うと少し高いので飲み放題は嬉しい

 

・ランチを食べている時に、キャラクターがテーブルまで遊びに来てくれる

→キャラクターの細かい手の動きなど仕草などが徹底され、

本当にそのキャラクターとコミュニケーション取れるように感じる

 →ランチ食べつづ、次に誰が来てくれるか、楽しみになるので会話も盛り上がる
(一緒に写真も撮れます)

 

 

ランチショーを終わってからの満足感

f:id:nnnde:20160705151724p:plain

ご飯食べながらキャラクターと絡めるとは思ってなかった!

(1回目は知らない情報だった)

少しの時間だけど、1対1でキャラクターと写真撮ったり、などのコミュニケーションは普通にディスニーランドにいても中々出来ない体験だった。

目標を達する(ランチを食べる)+普段とは違う体験ができた

 

→この体験を今年行こうと計画した時に思い出し、いろいろ手間もかかるか、また特別な気分になれるからまた行こうと思った。

 

 

そして気づいたこと

全てのサービスでとは言わないが、

初めて使うサービスなどで目的をスムーズに達成は前提で「普段できない体験で満足」を得られるとユーザーはまた行きたいなどに繋がりやすいのではと思った。

 

UXを達成するのみの設計だど満足はあっても、達成以外の他の満足できる体験

(ランチショーではキャラクターと触れ合う)が必要なんだと考えさせられた。


もちろんディズニーランドは来年も行きたいです。